背中ニキビについて

背中ニキビの原因や対策は?

背中ニキビについて

ニキビはどこにできても厄介なものではありますが、背中にできるのも厄介です。 顔にできたニキビならすぐに気づくことができますが、背中にできたニキビは悪化して痛みが出た時にやっと気づいたという方もいます。

夏場など、背中が開いた服を着る機会が多い方はチェックすることもあるかもしれませんが、そうでない方はなかなか自分の最中を見る機会は多くないはず。 ですが、背中はTゾーンなどと同じく皮脂の分泌が活発でニキビができやすい場所でもあります。

背中ニキビを防ぐためには、背中を清潔な状態に保ちましょう。 背中が汚れる原因として挙げられるのが、汗によるものです。 夏場などは背中に汗をかいてしまうことが多いですが、すぐに帰ってシャワーを浴びることができないという方もいるでしょう。

そういった場合は汗拭き用のシートなどを使ってできるだけ背中を清潔に保つことが大切です。また、締め付けの強い下着を着用していることが背中ニキビの原因に繋がってしまうこともあります。

それから、背中ニキビができてしまう原因として非常に大きいのが、シャンプーやリンス、ボディソープの洗い流し不足によるものです。 これらの成分が背中に残ってしまうと、細菌の餌にもなってしまいます。

髪を洗っている間に背中にシャンプーやリンスの成分が流れてしまうこともあるので注意しなければなりません。 中にはシャンプーやリンス、石鹸などの成分が自分の肌質に合っていないためにニキビができてしまう方もいるようです。

普段使っているものを別の商品に変えたところ背中ニキビが治ったという方もいるので、適切なスキンケアを行っているのになかなか背中ニキビが治らない方はこういったこともチェックしてみると良いでしょう。

それから、ホルモンバランスの乱れが原因で背中ニキビができている方もいます。 様々な対策を取っても背中ニキビがよくならないということであれば、ホルモンバランスが乱れている可能性も考えてみると良いですね。