ニキビ化粧水の情報サイト - アダルトニキビとは

ニキビ化粧水の使い方 - アダルトニキビの原因と対策

ニキビ化粧水の情報サイト - アダルトニキビとは



ニキビの原因が思春期のホルモンバランスだとすれば、思春期を過ぎれば自然に治るのは当たり前です。しかし、最近では成人後もニキビに悩む人が急増しています。

大人になってできるニキビ、いわゆるアダルトニキビは、思春期のニキビと違って「治りにくい」という点で厄介な存在です。思春期のニキビは、その原因がわかっていますが、アダルトニキビの場合は、原因がはっきりしないことが多く、完治しにくいといわれています。
ニキビ跡を消す化粧水、選ぶなら?

アダルトニキビの場合はストレスやお化粧、睡眠不足、食事のバランスなど、さまざまな原因が複雑に絡み合っていることが多く、学生時代にはニキビなんてできなかったのに、社会人になった途端にニキビに悩まされるようになったという人もいます。

大人になってからできたニキビは、生活習慣を見直すことも重要となります。特にストレスによって、ホルモンのバランスが崩れてしまって、さらには自律神経にも影響が出ると、睡眠不足となり、ニキビが悪化してしまいます。
マリーブ化粧品

25歳以上を過ぎてできるニキビの多くは、皮脂の分泌が多すぎるというよりは、「乾燥肌なのにニキビができる」といった人が多く、これは角質機能の低下に原因があることが多いようです。角質のターンオーバーが正常に行われていないため、古い角質が毛穴をふさいでニキビを誘発してしまいます。

アダルトニキビが困るところは、1回できたらなかなか治らないことです。10代に比べて新陳代謝が悪くなっている分、治るのにも時間がかかりますし、さらに、痕も残りやすくなっています。

アダルトニキビの特徴として、思春期のニキビに比べると、顔の下の方、つまりフェイスラインにできやすくなります。特に、男性などはひげそりの刺激で、フェイスライン、あるいは鼻の下などにニキビができることが多いようです。

ニキビが顎にできてしまう人は、フェイスラインをしっかりすすいでいない場合が多いので注意しましょう。どちらにしてもアダルトニキビを治すためには、毛穴の皮膚が閉じないようにすることが大切です。

ケミカルピーリングとニキビ

ケミカルピーリングは、ニキビ治療の中で最もポピュラーな治療方法です。簡単に言うと、酸などの化学物質を皮膚に塗り、皮膚表面をはがします。そして、皮膚の機能を改善して、ニキビやニキビの痕を目立たなくします。

ニキビの治療では、古くなった角質をはがし、閉じてしまった毛穴の入り口を開いて、アクネ菌の餌である皮脂を毛穴から取りだし、ニキビができないようにします。

具体的な治療としては、最初に一番上の角質を柔らかくしていくことから始まります。普通クリニックなどで使われている酸には、サリチル酸、グリコール酸(AHA)、乳酸が主流になっています。

これはだいたい20%~30%濃度の酸を使いますが、一般の商品やエステサロンで使われる濃度は5%程度のものです。酸は使用方法を間違えると非常に危険ですから、濃度の高い酸はクリニックでしか扱うことができません。

ケミカルピーリングで酸を顔全体に塗ると同時にかゆくなったり、ピリピリしたりします。これは、皮膚が酸によって分解されて柔らかくなっているからです。一定の時間放置した後、アルカリ液を浸みこませたコットンで酸を拭きとって行きます。

この時、酸とアルカリが混じって中和させるわけですが、化学反応が起こり「ジュッ」という音が出るので、焼けたと思ってしまうくらいです。実際は、全く熱さや痛みは感じません。

これで1回のケミカルピーリングの治療は完了します。初回はだいたい3分くらいで皮膚を柔らかくしていき、2回目、3回目と徐々に長くなって行きます。

中和して治療し終わった肌を見てみると、黒ずみがはがれていたり、ニキビの先端が破けているもの、毛穴が広がっている様子も見られます。その後、まだ完全に取れ切っていない角栓を専用の器具を使い押し出して、毛穴の皮脂をきれいにしてニキビができない肌にしていきます。

ケミカルピーリングの効果として、ニキビ対策だけでなく、シワやシミ、肌質の改善が期待できます。自然治癒によって再生した皮膚は、きめ細かくハリ、うるおいなどアンチエイジングにも効果があります。

ニキビ跡に効くハイドロキノンのメリットとデメリット

『ハイドロキノン』はシミや色素沈着の悩みを解消できる成分として、人気が高まっています。 ニキビ跡にも効果があり、シミやくすみになったニキビ跡の改善にピッタリです。

肌の漂白剤とも呼ばれていて、漂白作用が強く、有効成分が高濃度で配合されています。 医療機関で外用薬として処方されることがあり、医師が診断で症状を確認した上で、使う量や回数を決定します。

使い方はいつものお手入れの後、ニキビ跡が気になる部分に塗布するだけです。

■メリット
配合する濃度によって、色素沈着を改善できます。

■デメリット
赤み、かぶれ、ヒリヒリするといった症状が現れることがあります。 使い方を間違わないようにし、医師の指導に従いましょう。

■ニキビ跡に効く仕組み
人によって異なりますが、効果が現れるまでだいたい1か月くらいの時間を要します。

①チロシナーゼというメラニンを合成させる酵素を弱体化させる。
②メラニン色素の合成を抑える。
③還元作用でメラニン色素を薄くする。

ニキビ跡を解消すると同時に、シミの予防もできます。

■注意点

《副作用》
副作用のリスクがあまりないのですが、それは正しい用法を守っている時に限ります。 ハイドロキノンの濃度や使う量によっては、赤み、かぶれなどのアレルギー反応のリスクが高まりますし、色素が抜けてしまって白斑になる恐れがあるので、気を着けなくてはいけません。 診断を受け、医師の指導を厳守した上で使用することが大切です。

《紫外線》
使用中は紫外線対策が重要になってきます。 ハイドロキノンを塗っている時は紫外線の刺激に対して敏感になっているので、色素沈着になりやすいからです。日焼け止め塗ったり、できるだけ日焼けをしないように気を付けましょう。

《乾燥》
紫外線対策だけでなく、保湿ケアも重要です。

《熱と光に弱い》
冷蔵庫で保管するようにしましょう。

たしかにリスクもありますが、医師の指導に従って利用すれば、必ずしも恐ろしい成分ではありません。有効に活用してニキビ跡を改善しましょう。